法人リストで営業対象を絞る

法人リストのススメ

法人リストで営業対象を絞る

法人リストで営業対象を絞る 電話などを通じてアポイントメントをとるスタイルで営業活動を行うのであれば、事前に法人リストを作成しておくことが不可欠です。このようなリストもやみくもに件数だけがあればよいというものではなく、アピールしようとしている商品やサービスを真に必要としている、将来的な顧客となりうる相手が適切にリストアップされているかどうかが重要といえます。

もしもリストアップをする上での手間を惜しんで十分な精査をしないままの法人リストを営業活動に使ったとすれば、結果としては貴重な時間を費やして無駄足を踏むことに終わってしまいます。最近は最新の情報源をもとにしてパソコンなどから手軽に法人リストを作成できる専用のツールも普及するようになりました。このような専用のツールを使えば特定のキーワードなどによる絞り込みが容易です。たとえば競合他社のサービスを利用している可能性のある法人のみ、あるいは売上規模から見て将来性がある法人だけをピックアップするなどして、効率的な営業活動をすることができます。

関心がある企業の法人リストの作成について

関心がある企業の法人リストの作成について 最近、世の中の会社では営業リストだけでなく法人リストというものを作成することが多くある様です。そこには、まだ訪れたことのない新規開拓する企業名が出ています。新規の顧客としての関心のある企業のリストになります。それは、事業内容などにおいて関心の持てる会社ということになるでしょう。まずは、自社に近い事業内容の会社という場合が考えられます。また事業内容が近くなくても、自社のやっている事業と何かコラボレーションして別の事業が作れそうという場合もあるでしょう。

少しでも新たな顧客として考えられるような会社は、すべて載せてしまってもいいと思われます。実際に訪れる所はリストに出ている中から決めていけばいいからです。事業内容にポイントをおいて法人リストを作成した場合には、その会社の事業内容毎にリストを作成するというやり方もいいと思われます。その様に作成すると、いざ新しい顧客を考える時にどこに訪問するか考えやすくなります。

新着情報

◎2023/12/15

情報を更新しました。
>取引先法人リストは個人情報となるため扱いに注意
>法人リストを電子化することのメリットを紹介
>法人リストを営業に活用に活用する良い面は
>法人リストのセキュリティーについて解説します
>法人リストを紛失した場合の対処法と予防策

◎2022/4/22

情報を更新しました。
>絞り込まれた法人リストでビジネスチャンスを掴む
>法人リストによる業務効率のアップと注意点について
>法人リストの利用により業務の時間短縮をおこなう
>法人リストを利用することによるメリットについて
>最適化された法人リストを入手することの重要性

◎2019/8/30

効果的に企業を絞り込む
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

企業が営業するためのツール
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

数や内容によって変わる価格
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

法人リスト作成ツールの選び方
の情報を更新しました。

◎2018/12/11

法人リストで営業対象を絞る
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「リスト 企業」
に関連するツイート
Twitter

米政府、中国企業26社を「ウイグル強制労働防止法」の輸入禁止リストへ追加

【NHK】中国商務省は、台湾への武器売却に関わったとしてアメリカ企業3社について、中国の主権や安全を損ねる外国企業などのリストに追… ソース: NHKニュース

中国、ボーイング防衛部門含む3社に制裁-台湾への武器売却で - Bloomberg   大方の米防衛企業は中国と取引していないため、BDSなど3社はリスト掲載の影響ををほとんど受けない可能性が高い。

多くの企業様が今後各スキマバイト会社から営業電話を受けると思うと、弊社ISのレベルを更に一段階上げていかないとと危機感を覚える 入れ替わり立ち替わり営業電話があったら自分でも迷惑に思う そんなリストを上からかけるテレアポでは無くしっかりIS活動をやって行く事を誓います

どっかの退職代行会社が市場を寡占したとしたら、利用者リストを欲しがる企業はたくさんいるだろうなー。こんな下衆な商売してるんだからたぶん余裕で売るぜ。両手商売だ